沖縄三線と奄美三味線では形状が異なります。
※本土の三味線の影響をより強く受けた奄美三線は全体的に大きい。

三線は、王府の保護のもとに、三線の名工がつぎつぎに現れ、競って製作されるようになりました。
そして、今日では南風原型がもっとも古いといわれ、7つの代表的な型があります。

それぞれの型の元となった三線が存在し、名称は元となった三線の製作者の名を冠しています。

現在製作されている三線はすべてそれらの複製です。かつては形状の差異についての認識は曖昧だったが、琉球三線楽器保存育成会らが定義を整理しました。

 

三味線の「主な型」七分類 (時代が古いものから)

南風原型(ふぇーばるがた)

  

もっとも古い型といわれています。

棹は細めで、天の曲がりが少なく、野坂は大きく曲がり、野丸は半円形です。野丸と鳩胸の区別がほとんどできません。

さらに細かく 「拝領南風原型」 「翁長親雲上型」

 

知念大工型(ちねんでーくがた)

  

1710年、三絃匠主取に任命された知念の作といわれています。

太棹で天の曲がりは大きく、中央にかすかに盛りあがった稜線があります。天面も広いです。
天と鳩胸は盛りあがっており、野坂は丸味をおびています。野丸から鳩胸にかけて、中央には天面同様かすかに稜線があります。

 

久場春殿型(くばしゅんでんがた)

  

久場春殿の作といわれています。
南風原型の系統です。

沖縄の三線のなかでも、もっとも太目の棹です。
天の曲がりは少なく、薄手です。棹は上部から下方へ次第に太くなり、野丸と鳩胸の区別がほとんどできません。
心のつけ根には、階段(一段)がほどこされています。

 

久葉の骨型(くばぬふにがた)

  

久場春殿の作といわれています。

棹がもっとも細く久場春殿とは対照的です。南風原型をひと回り小さくしたような感じです。

野丸と鳩胸の区別がほとんどできません。
横から見ると、クバ(ビロウ)の葉柄に似ているところから、この名がつきました。

 

真壁型(まかびがた)

  

名工といわれた真壁の作といわれています。
沖縄の三線の中でも特に人気が高く、最も「優美」な型と言われているのが真壁型です。

全体のバランスや曲線美が魅力的で、初心者や通販サイト内で注目される事も多い型です。
棹は細目で、天は中絃から曲がり、糸蔵が短くなっています。

「開鐘(けーじょう)」とよばれる名器は、真壁型に限られています。

 さらに細かく 「宇根親雲上型」

 

平仲知念型(ひらなかちねんがた)

  

平仲の作といわれています。

棹は細目ですが、鳩胸には丸味がありません。
天はわん曲が大きく、中央はやや盛りあがっていて、丸味をおびています。知念大工型の系統のようです。

 

与那城型(よなぐしくがた)

  

真壁と同時代の人だといわれる、与那城の作と伝えられています。通常「ゆなー(与那)型」と称しています。

棹は太目で、野面が糸蔵の端まで一直線です。範穴はやや下方に開けられています。糸蔵は長く、鳩胸も大き目です。

さらに細かく 「小与那城型」 「江戸与那城型」 「佐久川与那型」 「鴨口与那型」

※型によって、見た目のみではなく「重さ」や「音色」が違います。
お気軽にご相談ください。

【徳之島本店】:
〒891-7101 鹿児島県大島郡徳之島町亀津7640


【奄美大島名瀬支店】:
〒894-0027 鹿児島県 奄美市 名瀬末広町17-10

電話番号:0997-83-1134

Eメール:fukumoridou.1134@ezweb.ne.jp

  • White Facebook Icon
メッセージを直接お送りいただけます。

Copyright(c) 2018 Fukumori-dou All Rights Reserved